採用管理システムでミスをなくして人材確保に繋がる

採用管理システムとは一体どんなものか?

採用管理システムとは、人材を募集する際に各部署から人数を集めてバランス調整をしたり、基準や選考方法を決める計画を立てた上で募集要件に沿った人材を確保するプロセスのことです。要するに、以前はバラバラに管理していたデータを一本化するシステムのことで、これがあれば食い違いや行き違い等が起こらずに済みます。
採用には大まかに新卒採用と中途採用がありますが、今まではこれをバラバラに管理していました。しかし近年ではこれらを共通化することが出来るようになりました。新卒採用の場合は様々な大手媒体が、新卒採用向けの採用管理ツールを提供しており、中途採用の場合はエージェントと求人媒体の情報、面接日調整等もそこで出来、全てが連携可能となっています。
採用管理システムは無料のものから有料のものまであり、それらは管理の規模により値段が異なってくるため、会社において適切な採用管理システムを選ぶことが重要となってきます。そして幅広くたくさんの媒体を通じて人材を確保しなければならないため、様々な求人媒体を一元化出来る採用管理システムを選ぶことがとても大切です。
このように、近年は採用管理システムが普及してきたおかけで企業にとって採用活動がしやすくなってきています。ですがまだまだ発展途中のため、採用管理システムの進化を願うばかりです。

中途採用でも有効な採用管理システム

新人を一から育てている時間がない場合は、即戦力の人材を中途採用するのが普通です。採用管理システムは中途採用でも大きな効果があり、現在の状況を常に正しく把握できます。即戦力の人材は色々な企業を比較してから、どこに応募するのかを決めるので、採用管理システムによって求人のページから人事担当者まで直通のルートを作っておくことは大事です。
中途採用は新卒採用とは全く事情が違い、特定の時期に必ず応募があるというわけではありません。いつ誰から応募があってもおかしくないため、自社のホームページに充実した中途採用の説明を掲載して、そのページから直接応募できるなどの仕組みが必要不可欠です。採用管理システムは、これまでのノウハウを蓄積しているから、優秀な人材が応募したくなる中途採用のページに仕上げられます。
毎日の業務と並行して進めていく中途採用は、採用管理システムのタスク管理によって、あまり慣れていない人間でも確実に対応できる体制にしておくことがポイントです。担当者が気づいた時に応募者に連絡する方法では、返信が遅いことから他社に逃げられてしまうケースもあり得るので、中途採用を最適化してくれる採用管理システムを導入しておきましょう。

Post List

2017年10月18日
採用管理システムでミスをなくして人材確保に繋がるを更新しました。
2017年10月18日
一元管理で手間を省く採用管理を更新しました。
2017年10月18日
採用管理システムを導入するメリットを更新しました。
2017年10月18日
採用活動の負担を軽くする採用管理を更新しました。